看護師の転職理由!本音10選と面接や履歴書で使える建前5選

看護師の転職理由10選

あなたも 看護師の転職をお考えなら、本音の理由があるはずです。

実は、転職を考えている看護師はあなただけではありません。

働いている看護師にも、労働環境が悪いと悩んでいる人は多いです。

「本当に職場が悪いのなら、そのまま理由として伝えても良いのかな?」なんて、思った人もいるかもしれません。

しかし、本音の理由をそのまま伝えると、退職を拒まれるなどトラブルになりやすいです。

転職のためには建前の理由も知っておいたほうが良いでしょう。

 

【建前として使える】転職理由5選

看護師の建前の転職理由は、以下のようなものがあります。

5つの転職理由は、本音とは違うかもしれませんが 面接や履歴書で使いやすいものです。

建前の理由を使えば、周りと揉めずに転職しやすくなります。

実際に、建前の理由を使ってやめている人は少なくありません。

 

本音ではなく建前の理由で転職をするのは、周りの印象を良くするためです。

どうせ転職をするなら、 背中を押して応援してもらえるような転職を目指しましょう。

そのために、建前の理由を知っておけば必ず役に立ちます。

5つから自分で使えそうなものを選んで、覚えておいてください。

ただ、あなたの考えている転職理由はおかしいものではないので安心して大丈夫です。

 

「本音の転職理由を言ったらダメなんて、やっぱり自分が悪いのかな。。」なんて、思った人もいるはずです。

しかし、建前の理由を言わなければならないのがおかしいくらい、あなたの転職理由は正当だと言えます

図のように、退勤して帰宅してから、ほとんど仮眠すらとれないまま再度出勤している人も多いです。

ここまでの過酷な状況が続くと、心身ともに壊れてしまいます。

そこで、さまざまな本音な理由が出てくるのです。

仮眠すら取れない職場で今後ずっと働き続けるのは難しいと考えられます。

 

1つの病院で1年間に複数の看護師がどんどん辞めていくケースもあります。

したがって、 あなたが転職しようと思うのは間違いではありません。

「転職してもおかしくないなら、少しでも早く職場を変えよう!」と、思った人も少なくないでしょう。

 

過酷な環境から離れるために、とにかく急いで転職したいと考える人は多いはずです。

しかし、すぐに転職するのではなく、今の職場を離れる前に試しておいたほうが良いことがあるので見ておきます。

 

看護師が転職する前に試すべき3つのこと

3つのことを試すことによって、転職をしたいと思っていた原因が解消される可能性があります。

そうすれば、 転職をせずとも悩みの解決が可能です。

 

看護師が転職をするなら計画を練ろう!

看護師が転職をするなら計画を練る必要があります。

いくら今の職場が嫌だからといって、急に辞めてしまうと次の職場探しも大変です。

 

転職先を探すためには?

看護師が転職先を探すためには、さまざまな転職サイトを利用することができます。

転職サイトに登録すると、転職エージェントの方から連絡がくるので、転職理由や希望条件など転職相談を行います。

そこであなたの希望に合った転職先を紹介してもらう流れになります。

複数転職サイトがありますが、転職サイトごとに大きな特徴というのは無く、転職エージェントである担当者に依存する事が多いのが実情です。

そのため転職を考えている段階で複数サイトを登録して、じっくり求人情報や担当者を見極める方が良いでしょう。